前へ
次へ

被せるタイプの審美歯科治療

歯に被せる素材として一般的に知られているのは、保険適用が可能な銀です。
しかしもちろん自然の歯との色が違うので、機能性の反面良い見た目には仕上がりません。
けれど保険の制約がない審美歯科では、銀以外の機能性と見た目を意識した素材を選択することができます。
代表的なのはセラミックで、歯の形に成形するとある程度光を通して透けるようになります。
そのため自然の歯に非常に近い仕上がりが期待できます。
歯はそれぞれの位置によって負担が異なり、最も耐久性が求められるのは食べ物をすり潰す役割がある奥歯です。
そのため保険が適用できる治療でも、被せ物にするとレジンプラスチックでは耐えきれないため銀が選択されるわけです。
しかし審美歯科でのセラミック治療では、正面で特に見た目に関わる前歯だけでなく、奥歯でもある程度対応できる程の強度を持っています。
さらにその強度を、内側の土台部分に金属を使用することで高めるという手もあります。

Page Top